重機運送車の歩み板の土台角

重機運送車の歩み板の土台角を出荷します

サイズ 140×300×2500mm 4本

今回はお客様の方で斜めカットを行うとのことで角材での発送です

大体完成形はこんな感じです

歩み板は荷台から重機を乗り降りさせる時に通る道になるので非常に大事な製品です

安全性を確保する為にも耐荷重のあるアピトンは必須です

これでまた安全な作業のお役に立てて頂ければと思います

※アピトンの土台角について https://apitong.net/kakou/

重機運送車用アピトン床板

これは「重機運送車用アピトン床板」です

サイズ 32×145×5500mm 23枚

この床板が選ばれる理由に「サネが無い」が挙げられます

通常の重機運送車の床板はサネ(凹凸)付きのアピトンフローリングが設置されています(下記写真ご参照)

しかし重機運送車の使用環境として「しなり」が多く出ます

その際にサネ有りだと隣同士を支え合っている分「割れが出る」ことが多いのです

よって張り替えの際に「サネのないやつ無いの?」というお問い合わせをよく受けました

この製品はその声を受けて開発されたモノです

「設置が簡単」という側面もあると思います

重機運送車の床は「下地の鉄板を保護する為」という役目もある為、多少の隙間や反りが出るのは問題ないとのことです

これで新しい床板に張り替えて、より環境に適した荷台に生まれ変わって頂ければと思います

※重機運送車用アピトン床板について https://apitong.net/flooring/

修理業者さんの手間を少しでも削減する為に

これはトラック荷台の両サイドに設置する用のフローリングです

その為、凹だけ・凸だけにしています

サイズ 18×87×5150mm

また今回のトラックは左右に鉄アングルが設置されている為、その下に潜り込ます為の「段差加工」も実施しました

荷台の床張り替え作業でこの「幅カット」や「段差加工」が一番手間がかかる所です

修理業者さんにとっては一番面倒な所だと思います

その手間を少しでも軽減するべく、我々も協力できる所は事前に行って、お届けしたいと思います

※トラックフローリングの加工について https://apitong.net/flooring/

「これに合わせて作ってきて」

「これに合わせて作ってきて」

修理業者さんからのご依頼でトラック荷台の図面を頂きました

荷台サイズに合わせて「長さカット・幅カット・左右と後ろの段差加工」の加工依頼です

特に「左右と後ろの段差加工」は一番手間のかかる所でこのご依頼は多いです

しかしこの加工をしてお届けすると、修理業者さんはすぐに取り付けが可能になります(「現場加工無し」で取り付け作業に取り掛かれます)

「時間短縮・手間軽減」

トラックの張り替えは大変な作業です

我々も少しでもその負荷を下げるべくご協力出来ればと思います

※トラックフローリングの加工について https://apitong.net/flooring/

※加工図は上記ホームページ内にPDFで掲載しています

各地で修理が行われています

今日出荷する「トラック用アピトンフローリング」です

和歌山行き

アピトンフローリング 30×130×5500mm 18枚

※10トントラックに使用

福岡行き

アピトンフローリング 18×120×5500mm 18枚、アピトン根太用ビス 3箱

※4トントラックに使用

こちらは大阪行きです

アピトンフローリング 22×130×5500mm 38枚

※6トントラックに使用

各地で荷台の修理が行われています

我々もいつでも発送できるように準備を整えておきます

※トラック用アピトンフローリングについて https://apitong.net/flooring/

5m超!トレーラーの床板

今日は「トレーラーの床板」を納品しました

現在使用している床板の腐食した所だけの交換になるので、2本だけ納めさせて頂きました

サイズ アピトン 100×250×5500mm 2本

久しぶりにこんな長いアピトンの製材品を製作しました

これでまた新たな床板に交換して、安心・安全な運搬作業をおこなって頂ければと思います

※トレーラーのアピトン床板について https://apitong.net/kakou/

アピトンのコイル台

アピトンのコイル台を製作しました

サイズ 150×150×2350mm(50×50mmで斜めカット) 8本

コイルのような円形の超重量物を運搬する時に敷く台です

安全性を確保する為に、ここは高耐荷重・高耐水性木材の「アピトン」が使用されています

荷台の幅に合わせて2350mmに長さカットもしています

安全性が非常に重要な製品になりますので、これで安心して運搬作業をおこなって頂ければと思います

※アピトンコイル台について https://apitong.net/kakou/

あおり用アピトン合板

これは「あおり用アピトン合板」です

サイズ 12×400×4280mm 2枚

サイズ 12×400×3510mm 1枚

「あおり」とは荷台の左右と後ろに付いている「囲い」のことで、ここには一枚モノのアピトン合板が使用されています

荷重がかかる所ではありませんが、やはり雨に濡れたりするので徐々に劣化してきます

問題なのが「一枚モノの合板」は一般流通しておらず、メーカーさんしか持っていなかった為、ここの修理に苦労される方が多くいらっしゃいました

そこで2パターンのサイズを決めて、一枚モノのアピトン合板を流通できるようにしました

今回は左右と後ろの3カ所の交換に使用されます

これでまた新たな荷台に生まれ変わって、安全して運搬作業を行って頂ければと思います

※あおり用アピトン合板について https://apitong.net/flooring/

根太のボルト穴+特殊加工

トラック用の「横根太(よこねだ)」を製作しました

「横根太」とは荷台の床を支える大事な部品で

「強い耐荷重」と「高い耐水性」

が必要とされています

そこで一般的に丈夫な「アピトン」が使用されています

しかしそのアピトンも「加工」となると難しい素材になります

そこで今回は修理業者さんから

「こんな風にして持って来て!」

と図面を頂き加工して持って行きました

ボルト穴から両端部分の特殊加工まで「もう後は取り付けるだけ」の状態にまで仕上げています

これで現場加工無しで取り付け作業も短時間で出来ると思います

修理業者さんと共同になって、交換作業の短縮化・簡単化のお役に立てて頂ければと思います

※アピトン根太の加工について https://apitong.net/track/

来るべき時が来た時は

本日出荷のトラック用アピトンフローリングと横根太です

アピトンフローリングは荷台のサイズに合わせて長さカット・幅カット・左右と後ろのアングルへの段差加工もおこなっています

アピトンフローリング 18×120・109×5500mm 20枚

アピトンフローリング 18×120・109×1200mm 20枚

アピトン横根太も図面を頂いて長さカットだけでなくボルト穴の加工まで行いました

アピトン横根太 45×95×2385mm 18本

本日島根県へ出荷します

こちらは三重県へ出荷するトラック用アピトンフローリングです

アピトンフローリング 25×130×5500mm 18枚

こちらは既製品そのままでの出荷です

最後は茨城県へ出荷するトラック用アピトンフローリングです

アピトンフローリング 25×130×5500mm 17枚

こちらも既製品そのままでの発送です

トラックの荷台フローリングと横根太はどうしても徐々に劣化してきます

来るべき時が来た時は新しく交換して、また新たな荷台にして安心・安全な運搬をおこなって頂ければと思います

※トラック用アピトンフローリングについて https://apitong.net/flooring/

※トラック用アピトン根太について https://apitong.net/track/