店舗用アピトンフローリング・クラシックとは

現在「店舗用アピトンフローリング・クラシック」を製作しています

※店舗用アピトンフローリング・クラシックとは https://apitong.net/housing/

「店舗用アピトンフローリング・クラシック」とは通常の「住宅用アピトンフローリング」にエコワックスを塗装した製品です

これを塗ることにより見た目が全く変わります

ワックス自体は色の無い無着色なのですが、しかしこれを塗るとここまで色合いは変化します

店舗フローリングで使用した際に、床は面積が大きいのでその空間の雰囲気を決定する大事な場所です

ここをこの趣のある「クラシック」な色合いのフローリングを使用することで店舗の雰囲気もその風合いのものになります

またワックスを塗っているので表面も滑らかになって、色合い・肌触りとも店舗フローリングとして最適な仕上がりになります

この状態で一日乾かせた後に乾拭きをしてフィニッシュです

明日梱包して岐阜県へ発送します

もしチャンスがあればできた所の写真を送ってもらえればと考えています

まずは製品の塗装を完了させて本件の案件を終了します

▼店舗用アピトンフローリング・クラシックについてはコチラ↓

https://apitong.net/housing/

▼アピトン市場のFACEBOOKはコチラ↓

https://www.facebook.com/%E3%82%A2%E3%83%94%E3%83%88%E3%83%B3%E5%B8%82%E5%A0%B4-210514185635795

Share this...

2トントラックの交換作業

大阪の(株)櫻井商会でトラックフローリングを交換しました

※(株)櫻井商店とは https://www.goo-net.com/pit/shop/0150360/top

2トントラックで厚さ14mmのアピトンフローリングを使用します

写真の作業ではフローリングの反りを修正させながら鉄鋼根太にタッピングビスを打ち込んでいます

フローリングを設置した後は入念に防腐処理をおこなってくれました

使用している「アピトン」という木は強度・耐久性に優れているので、大抵は無塗装のまま使用されているのですが、更なる耐水性の向上と長期使用のためにわざわざ塗ってくれました

新たに荷台を生まれ変わらせることができました

また明日から安心して「安全な運搬作業」をおこなうことが出来ます

アピトンフローリングは交換作業が大変だったと思います

本当にありがとうございました

株式会社櫻井商会 https://www.goo-net.com/pit/shop/0150360/top

〒581-0042 大阪府八尾市南木の本7-9

TEL072-992-1414/FAX072-922-5803

Share this...

新築住宅の「顔」として

新築住宅の玄関にアピトン羽目板を使用して頂きました

※アピトン羽目板とは https://apitong.net/outer-wall/

「アピトン」という木材は高耐久性木材に分類される樹種でこうした屋外に設置する材料としてよく使用されています

高い耐久性で「長持ち」になり、雨にも強い性質ということで「腐食に強い」ことになります

元々節の無い樹種なので、こうして並べるとスッキリとした印象を与えます

また、今回はクリアワックスを塗装してクラシックな色合いに変化しています

天然木ならではの微妙な一枚毎の表情の違いもクリアワックスによってより引き立たせられています

光の当たり具合で横から見るとより分かりやすくなっています

これから始まる新しい生活の「顔」としてこれからもその大役を果たし続けてもらいたいと思います

アピトン羽目板について https://apitong.net/outer-wall/

アピトン市場のFACEBOOK https://www.facebook.com/%E3%82%A2%E3%83%94%E3%83%88%E3%83%B3%E5%B8%82%E5%A0%B4-210514185635795/

Share this...

どんなトラックにも対応する準備

今回はオーダーメイドのトラックフローリングと鳥居部分の枕木を製作しました

※トラックフローリングと枕木とは https://apitong.net/

トラックフローリングはうちの既製品には無いサイズを指定されてきたので、乾かせているアピトン板を加工してそのサイズに仕上げています

かなりの枚数でしたので時間がかかりましたが、全部できて安心しました

今から最終チェックをして、来週配達です

こちらは鳥居に装着するアピトン枕木です

C鋼の中にはめ込むタイプなので、C鋼の部分だけ削りました

これで上からカポッとハマるようになります

トラックは車種によって本当にいろんなサイズ・形状のものが使われています

よって既製品だけではなく、個別のトラックに合わせた加工も必要です

どんな車種にも対応できるようにこちらも準備をしてすぐに対応できるようにします

トラックフローリングについて https://apitong.net/

アピトン市場のFacebook https://www.facebook.com/%E3%82%A2%E3%83%94%E3%83%88%E3%83%B3%E5%B8%82%E5%A0%B4-210514185635795/

アピトン動画のYoutubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCJCV6xcJJS3NdtJoEXcJ_rg/videos

Share this...

魚市場の台車にアピトン板

こちらは魚市場で使用する台車の板です

魚市場は水や氷を含んだ荷物を運ぶことも多く、また荷物が滑らないようにする為に木材を使用したいとのことです

「耐水性の強い木材」

これが必要という事で「アピトン」という樹種を使用しました

※アピトンとは https://apitong.net/

「アピトン」は主にトラックの荷台に使用されるほどの耐水性・耐久性に優れた硬質木材です

今回の「耐水性の強い」「滑らない」という用途にピッタリな樹種だと思います

しかしお客さんにとってはその頼りになる部分が設置の際の「加工の難しさ」につながるんです

「切ったりするのが大変そうだからこの寸法にしてくれる?」

と幅・長さを台車サイズに合わせてカット

そこから左右に角パイプがある台車らしくそれをよける為の段差も設けました

ここまで加工すれば後は取り付けだけです

到着後すぐに取り付けれると思います

北海道の寒い地域での使用ですが、雪にも負けずに台車板のお役目をしっかりと果してもらいたいです

アピトンについて https://apitong.net/

アピトン市場のFacebook https://www.facebook.com/%E3%82%A2%E3%83%94%E3%83%88%E3%83%B3%E5%B8%82%E5%A0%B4-210514185635795/

ツカモクYoutubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCJCV6xcJJS3NdtJoEXcJ_rg/videos

Share this...

黒は何パーセント混ぜるのが正解か?

住宅用アピトンフローリングに黒を塗装してみました

※住宅用アピトンフローリングとは https://apitong.net/housing/

黒塗装といっても「どれだけ黒を混ぜるのか」によって微妙に仕上がりが異なります

また塗料を入れすぎると塗膜が弱くなり、素足用フローリングに適合しなくなることもあり、そこが難しい所です

まずは素足用フローリングとして対応できる、ことを満たしたうえで塗料を何パーセント混ぜるのかを5種類で試しています

今から品評会をおこなって一番いい具合の黒塗装品を決めたいと思います

アピトンについて https://apitong.net/

アピトン市場のFacebook https://www.facebook.com/%E3%82%A2%E3%83%94%E3%83%88%E3%83%B3%E5%B8%82%E5%A0%B4-210514185635795/

ツカモクYoutubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCJCV6xcJJS3NdtJoEXcJ_rg/videos

Share this...

神奈川の新築住宅の窓枠に

今回はあるお家で使用する窓枠をアピトンで製作しました

※アピトンとは https://apitong.net/

このお家には先日アピトンフローリングを納めさせて頂き、そのお部屋の窓枠という事で「同じアピトンで製作して欲しい」とご依頼を受けていました

かなり複雑な形状で、寸法精度を必要とする場所でもあるので慎重に加工しました

今から梱包して神奈川県へ出荷します

完成したら見に行きたいと所ですがこの時期だし無理かなあ・・・

アピトンについて https://apitong.net/

アピトン市場のFacebook https://www.facebook.com/%E3%82%A2%E3%83%94%E3%83%88%E3%83%B3%E5%B8%82%E5%A0%B4-210514185635795/

ツカモクYoutubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCJCV6xcJJS3NdtJoEXcJ_rg/videos

Share this...

神奈川へ出荷するトラックフローリングと根太一式

今回製作した2トントラックのフローリングと横根太です

フローリングは荷台の寸法を教えてもらい、その寸法に合うように長さカット・幅カットをおこなっています

また、荷台の左右と後ろのアングルに差し込む為に段差加工も行いました

横根太も両端が切欠きのある形状でしたので、ここも図面を頂いて長さカットと両端の切欠きもおこないました

今回はボルト穴は現場であけるとのことでしたが、指示して頂ければあけることも可能です

2トンと4トントラックにおいて

「この荷台の寸法に合わせてカットしてくれ」「アングルの所に段差を付けてくれ」

このご依頼は本当に多いです

特に長手方向の幅カットや、左右のアングル部への段差加工が大変なんじゃないかと思います

使用している木材も「アピトン」という硬質木材なので加工が大変なのはわかります

我々も少しでも修理業者さんの作業を簡略化・時間短縮にお役に立てられるよう頑張ります

下記ホームページの方に図面を添付していますので、もしご要望の際は矢印部分の寸法だけ記載して送付して下さい

その通りに仕上げてお届け致します

トラックフローリング・根太について https://apitong.net/

アピトン市場のFacebook https://www.facebook.com/%E3%82%A2%E3%83%94%E3%83%88%E3%83%B3%E5%B8%82%E5%A0%B4-210514185635795

ツカモクYoutubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCJCV6xcJJS3NdtJoEXcJ_rg/videos

Share this...

2トントラックのオーダーメイド製作から積込まで(動画)

「荷台のサイズは○○で、アングル部分は段差を付けて持って来て」

「根太はこんなサイズで」

今回は2トントラックのフローリング・根太を製作しました

図面を頂いてからフローリング・根太ともトラックサイズに合わせて加工をして出荷します

▼今回のトラックフローリング・根太の積み込み作業はコチラ↓

実はこうした加工依頼はよくあるんです

使用されている「アピトン」という樹種が非常の強度の高い性質を持っているので、現場で加工するのが大変なんだと思います

しかしその部分を我々がおこなうことで、到着後はすぐに取付が出来る状態になっています

そうすると交換作業は簡単になり作業される方の負担もかなり減ります

我々も出来る限りのことはおこなって、少しでも修理される方の手助けができるように頑張ります

トラックフローリング・根太について https://apitong.net/

アピトン市場のFacebook https://www.facebook.com/%E3%82%A2%E3%83%94%E3%83%88%E3%83%B3%E5%B8%82%E5%A0%B4-210514185635795

ツカモクYoutubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCJCV6xcJJS3NdtJoEXcJ_rg/videos

Share this...

重機運送車専用のアピトン床板

こちらは重機運送車用のアピトン床板です

「重機運送車用」というのは通常のトラックフローリングと違いサネ(凹凸)がありません

これは重機運送車の使用上、一点に大きい荷重がかかることがよくあり、その際にフローリングだと凹の表側が割れることが起きるからです

サネ(凹凸)があると隣同士支え合っているので大きいしなりが出た時に出てしまう現象です

そこでサネ無しのアピトン床板だと隣同士が干渉し合わないので割れは出ませんししなりにも耐えることが出来ます

サイズも厚さ32mmと分厚く、幅も145mmとかなり広めにとっています

長さも5500mmなのでつなぎ目無く設置も簡単にできるのでよく出荷しています

大きく「トラック」という一括りのジャンルでも個別に使用状況や環境が変われば適切なサイズ・形状も異なります

それぞれの個別の状況に合わせた最適なフローリング・床板を供給できるよう準備をしていきます

重機運送車用のトラック床板 https://apitong.net/

アピトン製品のYoutubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCJCV6xcJJS3NdtJoEXcJ_rg

Share this...