4トントラックの交換に必要な材料の全てです

本日出荷するトラックフローリング一車分です

今回は4トントラック一台分になるので、厚さは18mmで長さ5.5mのフローリングになります

大体4トントラックにはこの厚さ18mmが使用されることが多いですね(もしくは14mm)

今回はフローリングの下に設置する横根太(よこねだ)も交換するとのことで22本製作しました

横根太のサイズは4トントラックでも車種によって様々で今回は50×95mmでした

50×100mmもありますし、40×100mmや40×90mmなどもあります

その都度お客様からサイズを聞いてそのサイズに表面を加工して仕上げています

今回はビスのご依頼もありました

トラック根太用ビスになります

本数の目安は「使用するフローリングの枚数×横根太の本数×2本」になります

ビスをご依頼の際はこの式から必要本数を算出して頂ければと思います

それでは今回は愛媛県や出荷です

行ってらっしゃい

※トラックフローリング・根太・ビスについて https://apitong.net/

Share this...

「難しいトラック荷台の交換作業のハードルを下げたい」

古くなった荷台の床板を交換することになった時に、一番難しいのが左右と後ろの端にある鉄アングルへの差し込み加工です

こんな感じで床板をアングルの下に差し込む為の「段差加工」が必要になります

この部分の加工依頼は多く、皆さんもここには苦労されているのだなと感じます(私も感じていますが・・・)

こんな感じでアングルへ差し込む為の段差の寸法を教えて頂き、こちらで事前に加工して納品しています

こんな感じで現場加工無しで設置していくだけになっています

手間の削減、設置時間の短縮、端材処理不要

などいろんなメリットが生じています

我々もできる限り協力できるところはおこなって

「難しいトラック荷台の交換作業のハードルを下げたい」

と思っています

ビス打ちや反りの修正などまだまだ現場で行う作業はありますが、その他の部分に置いて出来ることはおこなって納品します

トラック作業を安全に行う為には床板の状態は一番大事です

いろんな方が交換出来るようにする為に我々も協力したいと思います

※トラックフローリングの加工について https://apitong.net/

Share this...

重量物の「りん木」は信頼できる樹種で

これは重量物の下に敷く「りん木」です

「りん木」はいろんな樹種で作られていますが、今回は「アピトン」を指定したからには相当な重量物を乗せるのだと思います

アピトンでのりん木は今まで色々製作してきました

造船の緩衝材や鉄鋼のコイル台などにも使用されています

重量物のりん木は安全面にもつながるので信頼のおける樹種じゃないといけません

そういった製品のりん木として信頼を得られた「アピトン」は現在も使用され続けています

※「アピトン」のりん木について https://apitong.net/

Share this...

4トントラックは大体このサイズかな?

今日配達のトラックフローリングです

4トントラックの張り替えで、既製品の厚さ18mm・有効幅120mm・長さ5500mmのフローリングを出荷します

大体、4トントラックは厚さは18mmもしくは14mmが使用されています

荷台幅を聞いて、有効幅が120mmより今回は18枚を納品させて頂きます

これはトラック用横根太です

今回指定されたサイズは40×100×2200mmです

トラック用横根太は車種によっていろんなサイズが使用されています

その都度サイズは指定して頂ければ、そのサイズに仕上げて納めさせて頂きます

ホームページの方に既成サイズ(https://apitong.net/track)は掲載されていますが、これ以外のサイズもどんどん製作していますので、現在使用されているサイズをそのままお伝えして頂ければ対応します

昼からトラックに積んで配達です

それでは行ってきます!!

トラック用アピトンフローリング・根太について https://apitong.net/

Share this...

「シナ・アピトン合板でリングを作って欲しいんですけど」

「シナ・アピトン合板でリングを作って欲しいんですけど」

お問い合わせを受けて図面を送って頂いたところ、いろんなリングがご要望の案件でした

中にはリングの幅がかなり狭いモノもあって職人と

「これいけますか?」

「この厚さやったらいけるやろ」

と打ち合わせをしたのち、お受けしました

ちょっと後悔しているのが使用用途を聞くのを忘れたので何に使われるのかが不明です

口径がかなり大きいので音響部品ではないと思います

わざわざメジャーではない「シナ・アピトン合板」を指名して依頼したからには「肌触りの良さ」と「強い強度」を必要としているのだと思います

完成後は表面を傷つけないように丁寧にプチプチで巻いて出荷です

それでは行ってらっしゃい!!

※シナ・アピトン合板のリングについて https://apitong.net/

Share this...

特殊車両のフルオーダーメイドフローリング

これは床板なんですが、レールの部分をよける為に溝を付けました

サネもアイジャクリで長さも指定がありましたので、フルオーダーメイドの製品です

特殊車両に使用するとのことでしたので、現在貼られているサイズ・形状そのままのご発注でした

久しぶりにここまでの特注製品の製作でした

後は梱包して愛知へ向けて出荷します

※アピトンの特殊加工について https://apitong.net/

Share this...