マンションの入り口にアピトン・クリア塗装仕上げ

とあるマンションの入り口です

天井板にアピトン羽目板を設置して頂きました

表面は無着色のクリアワックスを塗装して仕上げました

アピトン羽目板はクリアワックスを塗った時が一番映えると思います

趣のあるクラシックな感じになるので、アピトン羽目板を使われるときはクリアワックス仕上げはおすすめです

アピトン羽目板について https://apitong.net/

Share this...

重機運送車の床板に必要な要素

これは重機運送車の荷台の床板です

お客様からサイズに指定を受けて製材して仕上げました

長さカットをしていますので、お届け後はそのまますぐに取付が出来ます

重機運送車の床板は鉄板保護の緩衝材としても目的があるので、製材品が多いです

現在設置されている板のサイズと同じものを交換することで、ボルト穴も現状のものを流用する予定です

重機やキャタピラが通る板なので、やはり高い耐久性が必要です

また雨に濡れる場所でもあるので耐水性にも優れた木じゃないとすぐに腐ってしまいます

それらを考慮して昔から「アピトン」という樹種がここには使われてきました

高耐久性・耐水性で粘りのある性質を持つこのアピトンで、重機運搬の業務を長く・安全に・円滑にしてもらいたいと思います

アピトンの床板について https://apitong.net/

Share this...

傷んだところだけの交換 補修用床板

こちらは補修用に使用されるトラックの床板です

サイズは厚さ30mm 幅130mmにして欲しいとのご依頼でしたので、そのサイズに仕上げて明日出荷します

今回のように傷んだところだけを交換する方は多く、現状サイズでないと入らない為、補修用についてはいろんなサイズの指定を頂きます

大体トラックフローリングは最大幅で130mm程度です

なので我々も140mmの乾燥したアピトン板を常備して、ご依頼を受けたサイズに加工しています

形状はフローリングタイプではなく、サネ無しの板が多いです

フローリングタイプ(凹凸付き)だと古いフローリングと出来たばかりのフローリングでははめ込みが出来ない可能性があるからです

傷んだところだけを上からスポッと入れる方が確実です

今回はこの板8枚を神奈川へ発送します

今から梱包です

トラック用補修板について https://apitong.net/

Share this...

木材の塀で一番重要なのは「耐水性」

一般住宅に新たに塀を作りました

木材の塀を作るうえで重要な要素はやはり「耐水性」です

長持ちさせるには「耐水性」に優れた樹種が必須です

そこで今回は「アピトン」という樹種のウッドデッキを塀板として使用しました

アピトンは非常に耐水性に優れた硬質木材でウッドデッキや塀板以外にもトラックや重機運送車の床にも使用されています

そのアピトンで設置した塀ならばお家の方にも満足して頂けると思います

設置も交互に貼ることでデザイン的にもいいものが出来たと思います

アピトンについて https://apitong.net/

Share this...

大勢の方で楽しむ住宅の完成

新築住宅がもうすぐ完成です

今回は2階を室内からベランダまですべて「アピトン」という樹種のフローリングを使用して頂きました

こんな感じで屋根が付いている所も屋外のような感じになっています

屋根のついている所で調理もできるようになっているのでバーベキューのようなこともできます

ここで調理されたものをベランダに出て食べるのは気持ちがいいでしょうね

外は緑が豊かで景色も良いです

大勢の人で楽しめる空間だなと思いました

住宅用アピトンフローリングについて https://apitong.net/

Share this...

二階は天然製品、一階は工業製品の壁

こちらはもうすぐ完成する新築住宅です

二階部分の外壁に「アピトン」という樹種の羽目板を使用して頂きました

「アピトン」の特徴は写真の通り「節が無い」です

日本の杉や桧は通常節があり、節無しを指定すると価格がかなり高くなります

しかしアピトンは元々節が無い為、価格は一緒です

節が無いと見た目にスッキリとした印象になります

また耐久性・耐水性にも優れていて、この場所に設置する材料としては最適です

トラックの床板にも使用されるほどの強さを持っているので、今後安心して長期間使用することが出来ます

一階はコンクリートの壁、二階がアピトンの壁になっているのでそのコントラストがお互いを引き立て合っています

天然素材と工業製品は一緒に使うとより魅力が増すと思います

設計士さんもその辺りを分かったうえでこのデザインにしているのでしょう

こういった現場を見るのはいつも勉強になりますし、私も感慨深くなります

建築現場の完成を見るのはいつも楽しいですね

アピトン羽目板について https://apitong.net/

Share this...

ジャッキアップベース

こちらはジャッキアップする際に下に敷く敷板です

「ジャッキアップベース」とも呼ばれていて、クレーン車に付属品としてよく乗っています

当然、かなりの荷重がかかる製品ですので消耗も激しいのでしょう

我々の所にも「このサイズの板を○○枚作って」とよくご依頼を頂きます

大体よくあるサイズは厚さ60mmで350×350mmです

必要な分だけを購入する方もいれば30枚以上一度に依頼される方もいらっしゃいます

この使用環境は「アピトン」が最も活かされる場所かもしれません

「高い耐久性」と「大きなサイズの指定サイズを製作できる」

この両方が出来るのは実は珍しいのです

昔からアピトンがずっと使われている製品です

今回も鹿児島や関東方面へ出荷します

このジャッキアップベースでまた安全に作業して頂ければと思います

アピトンのジャッキアップベースについて https://apitong.net/

Share this...

屋外の壁に一番映えるのは「アピトン羽目板」

現在、新築住宅を建築中です

外部の内側に「アピトン羽目板」という製品を使用して頂きました

「アピトン」という樹種は非常に強度・耐久性に優れた硬質木材に分類される樹種で雨にも強い為、この場所の製品によく使用されています

今回は表面にクリアワックスを塗って頂きました

個人的にもアピトンはクリア塗装が一番映えると思います

クラシックな色合いに木目も浮き立つので天然木の雰囲気も反映されています

「強さ・耐久性」などの機能面だけでなく「見た目」もよくなければ満足して頂くことは出来ません

今回は「アピトン羽目板」を上手に設置して頂き、綺麗にフィニッシュして頂きました

アピトン羽目板について https://apitong.net/

Share this...

ジーンズショップの新しいフローリング

この度、ジーンズショップにおいて新しいフローリングに交換しました

元々貼ってあったフローリングの上にそのまま新しいフローリングを設置しています

その為か足元の部分が厚くなったので温かさを感じます

またやや柔らかさも感じるので歩き心地がいいです

今回は「アピトンフローリング」という製品を使用して頂きました

写真の通り節が無く、最長5.5mもあるロングフローリングです

フローリング同士のつなぎ目が少なくなるので、見た目にスッキリとした印象です

また強度の強さも持ち合わせているので、歩く人が多いお店のフローリングには最適だと思います

その強さはトラックフローリングにも使用される程です

歩き心地のいいジーンズショップで少しでも快適さをご提供できればと思います

アピトンフローリングについて https://apitong.net/

Share this...

安全な運搬業務を支える素材には

こちらはトラックの荷台の床板を支える根太(ねだ)という部品です

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA
KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

交換時はこのように根太を敷いて、その上に床板を貼っていきます

その為、高さが重要ですべて同じ高さにする必要があります(その上に張る床板が平らにする為)

また、トラックで使用する為、雨にはよく濡れることになります

それで床下という事もあり乾きにくい環境でもあります

木材にとってはかなり腐食しやすい環境ですので、この根太こそ強い木材で製作する必要があります

そこで使用されているのは「アピトン」という樹種です

高耐久性木材で雨に強く非常に強い木材です

最近ではこの根太が合板になったり別の樹種で使用するのを見かけますが、大抵すぐ腐食でボロボロになっています

床板を支える部品でもあるので「安全な運搬業務」をおこなう為にも、この根太こそアピトンで設置するべきだと思います

安全な運搬業務は物流の効率化につながります

「長期間何の問題もなく運搬できる」

実はこれこそが非常に重要な事なのではないかと思います

全てにおいてですが「支える材料」は一番強いものにすべきだと思います

アピトン根太について https://apitong.net/

Share this...