「長く安全に」作業する為の大事な根太(ねだ)

「トラックの床の下に付いてる角材を変えたいんやけどこんなん出来る?」

トラック横根太(ねだ)の交換で、こちらで全て加工して持って来て欲しいというご依頼でした

今回特徴的なのは真ん中のボルトがL字になっていることで、ザグリもL字にあけなければいけない所です

ここはドリルを連続であけていって端の方はこじって揃えます

両端はこんな感じになっています

これはよくある形状なのでいつも通りの仕上げでOKです

トラックの横根太は床板を支える大事な部品です

しかも一番腐食しやすい場所にあるのでここは「アピトン製」で作った方が長く、安全に作業が出来ます

交換後はまた生まれ変わったトラックで運搬作業を頑張って頂ければと思います

※アピトン横根太について https://apitong.net/track/

Share this...

トラックフローリングの交換作業

先日納めさせて頂いたトラックフローリングの張り替え風景を送って頂きました

傷んだ床板をすべて剥がし終えて、ここから作業スタートです

今回使用したのはアピトンフローリング14×110×5500mmです

これを丁寧に張っていきます

施工完了です

さらにここから防腐剤を塗って完成です

運搬作業に置いて荷台の床は安全面もそうですし、作業する方の安心感も大事です

新しい床に張り替えて、明日から安心・安全に業務に取り組むことが出来ます

明日からまた頑張って下さい

※アピトンフローリングについて https://apitong.net/

Share this...

歩み板 ズレを起こさせない工夫

今回はトラックの「歩み板」を作りました

「歩み板」は重機などを荷台に乗り降りさせる時に通る道板の事で、ここはかなり負担のかかるカ所になるので「アピトン」が必須です

歩み板を取り付けるアルミブリッジも「段差」が付いています

そこにははめ込む為にアピトン板の方も段差を付けました

これはキャタピラとかが通る時にあまりにも負荷がかかるので板がずれてしまう事がある為です

そこで段差を付けていたとアルミブリッジをガッチリ固定させることで「形状的にも」ずれを起こさない仕組みになっています

今から梱包して静岡へ発送です

※アピトン歩み板について https://apitong.net/

Share this...

「トラックの荷台の床で傷んだとこだけ変えたいんやけど」

「トラックの荷台の床で傷んだとこだけ変えたいんやけど、厚み30で幅125、長さ5500ってできる?」

補修する為の床板のご依頼はよくあります

補修の場合、隣の板が経年劣化で変形していることが多いのでサネ(凹凸)を無しにすることがよくあります(サネ有りだと入らない可能性がある為)

そこで今回必要な製品は

「サネ(凹凸)無しの厚さ30・幅125・長さ5500mmのアピトン板」

です

弊社に重機運送車用のアピトン板32×145×5500mmがあるので、それを再加工して作りました

お客さんからの要望で面取り(角を丸くする)も付けています

これで補修も簡単にできると思います

※トラックフローリングの補修板 https://apitong.net/

Share this...

ワックス塗装で「店舗用アピトンフローリング・クラシック」に

事務所の床に設置しているアピトンフローリングを蜜蝋ワックスで塗装しました

これは「店舗用アピトンフローリング・クラシック」 https://apitong.net/housing/ に当たる製品です

無塗装の時とはかなり風合いが変わります

個人的にもアピトンはクリアワックスをした時が一番映えると思います

リフォーム完了まであと少し

今月末はまたお引越しです

※アピトンフローリングについて https://apitong.net/housing/

Share this...