「アピトン」の製材品の特徴

今日は製材デーです

アピトン丸太から指定サイズの製品を作りました

アピトンは強度があるので荷重のかかる場所や重量物のりん木などによく使用されています

アピトン歩み板 40×290×2000mm2枚と1800mm2枚

歩み板は重機運送車の乗り降りする板に使用されています

こんな感じです

アルミブリッジに張り付けていて、ここが消耗するとよく交換されています

アピトンりん木 165×175×2200mm10本と2000mm10本です

りん木は重量物の下に敷く緩衝用の角材の事でアピトンの性質を活かした使用用途です

鉄工所や造船所によく使われていて、超重量物の下に敷いています

アピトンのような硬い樹種で丸太製材が可能なものは国内ではほとんどありません

その為、こういった使用箇所に昔から使用されているんだなと思います

※アピトン製材品について https://apitong.net/kakou/ 

Share this...

「ここまで作って持って来てくれる?」アピトン根太のよく受けるご依頼

今日は指定サイズ・形状に加工したトラック根太が完成しました

「トラック根太」は荷台の床板の下に敷く角材の事で「床板を支える」非常に重要な製品です

雨に濡れやすく乾きにくい場所という事で腐食もしやすく丈夫な材料が必須の場所とも言えます

よって昔から「アピトン」が使用されてきました

雨に強く耐久性の強いアピトン根太ですが、一転「加工が難しい」というデメリットも生じます

「ここまで作って持って来てくれる?」

修理業者さんからこう言われることはよくあります

自分でもこの大変さが分かるのでこの気持ちもよくわかります

長さカットだけでなくボルト穴まであければ後は取り付けだけです

今回は珍しく「両端に2mmの段差を付けてくれ」といった依頼もあり細かい加工もありましたがこれで完成です

急ぎの案件だったので我々なりに超特急で仕上げて明日発送です

喜んでくれると嬉しいです

※アピトン根太について https://apitong.net/track/

Share this...

重機運送車の歩み板補助台

重機運送車の歩み板を補助する台です

「補助」とは歩み板を降ろす際に先端部分をこれに乗せることで傾斜を緩くする役割があります

これが歩み板の先端を乗せる部分です

意外とこの需要は多く、おそらく傾斜がきついことで乗り降りが大変だったり安全面で危険なのかなと思います

この製品に関しては受注生産になるので図面を頂いてから作っています

こんな感じでこれを見ながら製作しています

なかなか難しい加工品ですが今回も作り終えて安心しました

今からバンドルをして明日発送です

※歩み板の補助台について https://apitong.net/

Share this...

荷台サイズに合わせたトラックフローリング

明日、兵庫へ向けて出荷するトラックフローリングが完成したので準備をしています

今回は通常と違って「荷台のサイズにカット」してお渡しします

荷台のサイズが2140×5380mmでしたのでまずはすべてのフローリングを長さ5380mmにカットします

その後、両端に来るフローリングだけ幅カットをして凹だけ・凸だけのフローリングを1枚づつ作りました

今回の製品はこんな感じになります

トラックフローリング(凹凸)18×120×5380mm 16枚

トラックフローリング(凹だけ)18×107×5380mm 1枚

トラックフローリング(凸だけ)18×107×5380mm 1枚

両端のフローリングの幅を107mmにしたのは理由があります

(合計有効幅 120mm×16枚+107mm×2枚=2134mm ※荷台幅より6mm狭い)

これは木材の場合、やはり自然製品なので反りも発生します

「1mmの狂いもない真っすぐなトラックフローリング」が18枚揃えば計算通りになりますが現実は無理です

なのでそういった反りや狂いも考慮して6mm程度狭くして発送しています

現場では反りを修正してもらいながら貼っていってもらいますが、仮に実際に狭くても反りの修正を緩めたり、最後数枚を目透かしをあけて貼っていくなどして調整すれば交換は可能です

要は2140mmを越えることだけは防ぐようにこちらも現場も互いに協力してやります

これで実際に交換を行うと「現場作業が軽減」できるのと「端材が出ない(捨てる材料がない)」こともメリットになります

それではバンドルもできたので明日出荷です

※トラックフローリングの加工について https://apitong.net/

Share this...

「強さ」「耐水性」「自由に選べるサイズ」=「アピトン」

今日はアピトンの製材品の出荷です

まずは重量物の下に敷く角材105×105×1700・2000mmです

アピトンは「重量物の下に敷く角材」によく使用されています

重量物に耐える「強度」と雨の腐食に耐えられる「耐水性」を有しています

この2つの要素とサイズが自由に選べる樹種はアピトンくらいじゃないでしょうか

次は「重機運送車の歩み板」です

重機が乗り降りする際に通る道板に使用されます

時々こんなトラックが走っているのを見かけたりしますよね

この部分は鉄だと滑ってしまうので木製が必要とされています

ここでも高い負荷に耐えられる「強度」が必要になってきます

またサイズも様々なのでそれに対応できる樹種として「アピトン」がずっと使われています

「強さ」「耐水性」「自由に選べるサイズ」

これらが揃っている樹種は国内ではアピトンくらいかなと思います

この3つが必要な場所にはこの「アピトン」を選んで頂ければと思います

※アピトンについて https://apitong.net/

Share this...

継続的にある「凹凸の無い板無いの?」

これは重機運送車の床板に使用される「アピトン床板」です

通常とのトラックフローリングと違ってサネ(凹凸)がありません

「凹凸の無い板無いの?」

重機運送車の床交換時によく聞かれて

「ありますけど、そっちの方がええんですか?」

「うん、凹凸あるとしなった時に割れるんよ」

なるほど

これは使っている方しかわからない感覚でした

「隙間とか反りがちょっと出やすいかもしれないですよ」

「かまへんよ」

使用環境において隙間や反りは関係ないようです

もともとウッドデッキとして仕入れていたのですが、結局圧倒的に重機運送車の床に使用されることが多かったので途中で「重機運送車用のアピトン床板」に変更して販売するようにしました

その後も継続的に「サネ無しのちょうだい」は多く寄せられ「このアピトン板の役目はここだったのか!!」と明確に把握することに至りました

やはりどんな商品もお客さんが価値を決めるんだなと痛感した製品になりました

※重機運送車用のアピトン床板 https://apitong.net/flooring/

Share this...

短いトラックフローリングの必要性

今日出荷のトラック横根太と長さ1.4mのトラックフローリングです

トラック横根太はよくあるサイズの45×95×2500mm14本ですが、長さ1.4mのトラックフローリングは補修用や少しだけ長さが足りない時に使われています

この短いトラックフローリングは「売り切れ御免 大特価商品」として販売しています

※売り切れ御免 大特価商品 https://apitong.net/sale/

トラックフローリングは長いものほど重宝されますが、場面によっては短いものの必要性もあります

ボデーのサイズに応じて選択して頂ければと思います

Share this...

今日のバンドル作業は大変だった

今日はいろいろ出荷が立て込みました

愛媛・福岡・大阪に発送するトラックフローリングです

こちらはトラックフローリングと横根太のセットです

もうすぐ岡山から引取に来られます

こちらは高知に出荷するトラックフローリングと角材です

この100×100mmの角材は鳥居の枕木に使用されます

製品のバンドルは朝イチの業務です

ようやく縛り終えてあとはトラック便を待つのみです

※トラックフローリングについて https://apitong.net/

Share this...

久しぶりにいろんなアピトンの製材品

久しぶりにいろんな用途のアピトンの製材品を出荷します

一番下の板は重機運送車の床に使用するのでしょう

アピトン 30×200×2800mm 15枚

これらも同じユーザーさんへの発送になるので用途は同じでしょう

アピトン 30×200×2200mm 12枚

アピトン 40×150×2700mm 18枚

一番最初の写真の2枚の板はこれは歩み板でしょう

アピトン 30×300×2000mm 2枚

歩み板はこんな感じで重機が乗り降りする道に敷く板です

鉄だと滑りやすいので「滑りにくい木材、なおかつ重機にも負けない強度」でアピトンが使用されています

最後の一番上のサイコロ190×190×190mmは・・・

これは何に使われるのかは・・・分かりません

とにかく出来上がったのでまとめて発送です

※アピトンの製材品について https://apitong.net/

Share this...