「根太をこんな風にして持って来て」

これはトラックの「横根太(よこねだ)」です

横根太とは荷台フローリングを支えている非常に大事な製品でここがやられてしまうと荷台の機能は果たせなくなります

しかし設置場所は「床下」であることと「雨の日にタイヤから巻き上げた水をモロに受けてしまう」場所になる為、一番腐食しやすい場所になります

ここを担う材料は高い耐水性と耐荷重を持つ製品じゃないといけません

そういった意味で昔から「アピトン材」が使用されています

しかしそのアピトンも根太としては頼りになりますが、交換の時の加工となると難しい材料になります

その強さが加工にとっての難しさに変わるんです

根太はボルトでとめるのでボルト穴の加工とかも結構大変です

「根太をこんな風にして持って来て」

完成までこちらで行ってからお届けすることはよくあります

ちなみに今回は珍しいLボルト使用だったので、ボルト穴のザグリもL字に仕上げました

それでは今からトラックフローリングと一緒にぐるっと配達してきます

※アピトン根太について https://apitong.net/

Share this...

投稿者: apitongadmin@

塚田木材株式会社のアピトン担当者です 毎日のアピトン業務について出来上がった製品や使用して頂いた製品について書いていきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。