ロール紙を動かす「てこ棒」

今回は「てこ棒」を製作しました

これは大きなロール紙を動かすときに使うもので、市販品もあるんですがどうももっと強度が欲しいという事でアピトン製でのご依頼でした

アピトンを使ったてこ棒の依頼は時々あり、うちでは既製品があるわけではないのでその都度図面を頂いてから全て特注で製作しています

今回は50×50mmとそれほど大きいサイズではありませんがアピトンを指名しているという事は「あまり重くしすぎず、でも強度をもっと欲しい」という狙いだと思います

実際に柄の部分にもこのような滑り止めの溝の指定があるくらいですので相当力を入れることが予想されます

今回は4本だけでしたので三日ほどで完成しました

明日愛知県へ向けて発送します

※アピトンてこ棒について https://apitong.net/

Share this...

投稿者: apitongadmin@

塚田木材株式会社のアピトン担当者です 毎日のアピトン業務について出来上がった製品や使用して頂いた製品について書いていきます

「ロール紙を動かす「てこ棒」」への2件のフィードバック

  1. 昔、市販品を使ってました!小さいロール紙は、安全靴で代用!(゚Д゚;)

    1. 安全靴で移動させてたのですか!!
      すごいですね
      正直、最初は図面だけもらって「これ作って」としか言われなかったので用途を知らずに作っていたのですが
      「ロール紙を動かす」なんて想像もしていませんでした
      いろんな用途があるんだな、と感心した覚えがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。