ちょっと珍しい「厚さ40mm」トラックフローリング

ちょっと珍しい「厚さ40mm」のトラック用アピトンフローリングです

サイズ 40×125×5500mm 17枚

大体、10トントラックでも分厚いフローリングで「30mm」までです

たまに「40mmって無いの?」というお問い合わせを頂きます

それらのお声にお応えする為に作られた製品です

正直、あまり頻繁にご依頼を受ける製品ではありませんが、耐久面は間違いありません

厚さ30mmでも物足りない時はこのサイズをおススメします

※厚さ40mmのトラック用フローリングについて https://apitong.net/flooring/

荷台に合わせたフローリング加工

今日は小型トラック用の荷台フローリングを製作しました

荷台サイズ 1580×2070mm

アピトンフローリングをすべて2070mmに長さカットして、両端部のフローリングだけ幅74mmにカットしました(荷台幅1580mmに合わせる為)

その後は後ろと両端に「段差加工」をおこないました

小さいトラックは左右と後ろ(時々前にも)鉄アングルが付いています

フローリングはその下にもぐり込ませなければいけません

その為、鉄アングルの部分だけ薄くする必要があります

ここまで来ればあとは取り付けるだけです

荷台フローリングは高強度の「アピトン材」を使用している為、カットしたり削ったりするのが大変です

その為「こんな風にして持って来て」と修理業者さんから依頼されることがよくあります

我々も出来る限り協力させて頂いて「荷台の張り替え」が少しでも楽になってもらえると嬉しいです

※アピトンフローリングの加工について https://apitong.net/flooring/

重機運送車専用「アピトン床板」

今日は大分に「重機運送車用アピトン床板」を発送します

サイズ 32×145×5500mm 16枚

この製品の特徴は「サネ(凹凸)が無い」ことです

重機運送車も新車の時は通常のアピトンフローリング(サネ(凹凸)付き)が設置されています

しかし、交換の時になると

「サネ(凹凸)の無いやつ無いの?」

といったお問い合わせをよく頂きます

それは重機運送の場合、一点に荷重がかかることが多い為「しなり」が大きく出ます

その時、サネ付きだと割れが出てしまう事があるとのことです

隣同士が支え合っている分、特にメス(凹)の表面が割れるとのことです

そういった意味でもお互い干渉し合わないサネ無しだとその心配がありません

設置が簡単なのもメリットです

ただし「隙間が出来る」「反りやすい」といったデメリットもあります

使用している方から聞くと、重機運搬においてはあまり問題にならないとのことです

乗せるモノ・使用状況によって最適な床板は異なるのだな、と勉強になります

これからもお客様の声を聞きながら最適な製品の製造・準備を整えていこうと思います

※重機運送車用アピトン床板について https://apitong.net/flooring/

連休明けの出荷ラッシュ

今日からGWも明けて、各地へ出荷です

トラック用アピトンフローリング 18×120×5500mm 13枚

兵庫行き

トラック用アピトンフローリング 14×110×5500mm 24枚

アピトン横根太 45×90×2500mm 12本

大阪行き

トラック用アピトンフローリング 18×120×5500mm 20枚

アピトン横根太 40×85×2500mm 15本

熊本行き

トラック用アピトンフローリング 22×130×5500mm 17枚

京都行き

重機運送車用アピトン床板 31×140×4000mm 20枚

宮城行き

連休中は運送会社さんも混み合ったりストップしていたりするので、今日から各地へ発送します

それでは行ってらっしゃい

※トラック用アピトンフローリング・床板について https://apitong.net/flooring/

※アピトン横根太について https://apitong.net/track/

安全な乗り降りに「歩み板補助台」

重機運送車で使用する「歩み板補助台」です

「歩み板補助台」とは重機を荷台から乗り降りさせる時に「歩み板」の上を通ります

その角度が急な時に、これを先端に置くことで角度を緩やかにする為のアイテムです

これが歩み板です

写真のトラックは荷台も傾くタイプの為、特に支障はありませんが、大抵のトラックは水平のままです

この状態で歩み板を降ろすと、角度がかなり急になるのと、地面との接地角度も結構な為、乗り降りが難しくまた危なくなります

安全な乗り降りをおこなう為には「歩み板補助台」が必要になります

これまでも色んな「歩み板補助台」を製作してきました

使用する歩み板のサイズや降ろした時の角度、上を通る重機によって最適な「歩み板補助台」が決まります

よってその都度図面を頂いてから製作しています

安全な乗り降りをおこなう為にも、これからも最適な「歩み板補助台」を製作していきます

※歩み板補助台について https://apitong.net/kakou/

全国各地へ「アピトン製材品」

今日は各地へ送る「アピトン製材品」の製作日です

これは重機運送車の歩み板に使用するアピトン板です

アピトン歩み板 30×300×2300mm 4枚

アピトン歩み板 30×350×2000mm 4枚

アピトン歩み板 30×350×2600mm 4枚

福井行きです

こちらは緩衝用のアピトン角材です

アピトン緩衝材 70×180×990mm 12本

滋賀行きです

こちらも歩み板に使用するアピトン板です

アピトン歩み板 22×200×2200mm 4枚

大阪行きです

アピトン歩み板 28×350×2100mm 2枚

宮城行きです

アピトンは製材している所は少ないので全国からご依頼を頂いております

特に短い製品だと宅配便で発送できるので送料もお安くなります

今から梱包して発送です

それでは行ってらっしゃい

※アピトン製材品について https://apitong.net/kakou/

荷台の寿命に影響する「根太(ねだ)」

今回はトラック根太(ねだ)を製作しました

サイズ 50×100×1590mm 両端切欠き加工

お客様からのオーダーで両端部は「切欠き加工」を実施しています

※これはフックの部分に根太が重なった時に、それをよける為に必要な加工です

根太は床板を支える非常に重要な製品です

荷重がかかるのと、床下からの雨水の巻き上げにより濡れても乾きにくいという、木材にとっては非常に困難な環境下に設置されています

「高い耐荷重」「高い耐水性」

これを満たす樹種として「アピトン」が使用されています

トラック荷台の寿命は「根太(ねだ)」にかかっていると言っても過言ではありません

ただこの特性が「加工」においては難しい性質に変わります

その為、修理業者さんから

「こんな風にして持って来て」

とよく依頼を受けます

今回はボルト穴の依頼はありませんでしたが、穴あけも可能です

修理業者さんと一緒になって「荷台の張り替え」の作業を少しでも簡単なモノにすることが出来ればと思います

※トラック用アピトン根太について https://apitong.net/track/

GW前の出荷ラッシュ

GW前の出荷ラッシュです

愛媛行き アピトンフローリング 30×130×5500mm 21枚

大阪行き アピトンフローリング 18×120×5500mm 11枚

茨城行き 重機運送車用アピトン床板 31×140×4000mm 15枚

鉄根太用ビス Φ6-55L 2箱(300本/箱)

愛媛行き 重機運送車の歩み板 40×350×1800mm 4枚

重機運送車の歩み板 40×350×1700mm 4枚

連休中に修理されるのだと思います

配送も混み合っていますので、弊社で出来ることは「一日でも早く出荷する」ことだけです

それでは行ってらっしゃい!

※トラック用アピトンフローリングについて https://apitong.net/flooring/

重機運送車に適したアピトン床板

大阪に出荷する「重機運送車用アピトン床板」です

サイズ 32×145×5500mm 12枚

特徴は「サネ(凹凸)が無い」です

重機を乗せる荷台は「一点に荷重がかかる」ことがよくあります

その為、しなりが大きく出た時に、通常のアピトンフローリング(サネ(凹凸)付き)だとメス(凹)の表側がよく割れてしまいます

そこで張り替えの時に

「サネ(凹凸)の無いやつないの?」

というお問い合わせをよく頂いておりました

重機運送車用アピトン床板はそういったお声にお応えするべく開発された製品です

設置が簡単という事もありよく出荷しています

「板と板の間に隙間が出来る」「反りが出やすい」

というデメリットもありますが、重機運送の用途においてはあまり問題にならないようです

乗せるモノに応じて最適な床板があるのだなと勉強になります

使用用途に応じて最適な製品を選択して頂ければと思います

重機運送車用アピトン床板について https://apitong.net/flooring/

荷台サイズに合わせたトラックフローリングの加工

今回は4トントラックの荷台の張り替えにおいて「荷台サイズに合わせた加工」をおこないました

《荷台サイズ》

厚さ18mm 幅2120mm 長さ5490mm

《製作したアピトンフローリング》

アピトンフローリング(凹凸) 

18×120×5490mm 16枚

前段差(5×35mm)

後段差(5×40mm)

アピトンフローリング(凹)

18×97×5490mm 1枚

側面段差(5×40mm)

前段差(5×35mm)

後段差(5×40mm)

アピトンフローリング(凸)

18×97×5490mm 1枚

側面段差(5×40mm)

前段差(5×35mm)

後段差(5×40mm)

「段差」は左右と前後に鉄アングルが備わっている為、その下に差し込む為の加工です

この加工が一番大変なところで修理業者さんも苦労していると思います

「アピトン」が非常に強度のある樹種の為、段差加工やカットが大変です

それだけにこの加工を依頼される方が多いのだと思います

ここまで加工すればあとは取り付けるだけです

修理業者さんと一緒になって「トラックの荷台の張り替え」を極力簡単に短時間で出来るようにご協力させて頂ければと思います

トラックフローリングの加工について https://apitong.net/flooring/