今では珍しい「アイジャクリ」トラックフローリング

今回は珍しいトラックフローリングを製作しました

これは「アイジャクリ」と呼ばる形状でサネが階段状になっています

実は昔のトラックフローリングは「アイジャクリ」が主流でした

現在はこのような凹凸の「ホンザネ」が主流になっています

おそらく「アイジャクリ」よりも「ホンザネ」の方が形状として隣同士を抑え合うので反りが出にくいことからこちらが主流になってきたのだと思います

しかし「アイジャクリ」の方はサネの部分に厚さがあるので、重機運搬車にはこちらの方がメリットがあるのではないかと思います

(「ホンザネ」の特に凹の部分はかなり薄いので荷重がかかると割れやすいのです)

だからトラックの使用環境、また使用する方にとってどちらがメリットがあるのかはそれぞれだと思います

今回「アイジャクリ」のご依頼を頂いた方は重機運搬車に使用するそうです

わざわざ指定したからにはこれまで色々試されて「アイジャクリ」の方にメリットを感じたのだと思います

最初に「珍しいトラックフローリング」と書きましたが、まだまだメリットは大きいフローリングです

※「アイジャクリ」のトラックフローリングについて https://apitong.net/

Share this...

投稿者: apitongadmin@

塚田木材株式会社のアピトン担当者です 毎日のアピトン業務について出来上がった製品や使用して頂いた製品について書いていきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。