トラックのあおり用アピトン合板

「あおりの所の板が傷んでしまったんで交換したいんやけど」

トラックの修理で荷台の床以外に左右や前後のあおり部分が傷んでしまうことがよくあります

この部分はボルトの位置が両端にしかないので「一枚モノ」で貼るしかありません

幅400mm程度で「一枚モノ」かつ「長いモノ」でなければならないので、これまではメーカーさんしか持っていませんでした

何とか製作可能な2種類のサイズだけ取り扱いを始めました

厚さ12mm 幅400mm 長さ4280mm・3510mm

この2種類があればかなりの車種のあおりを交換することが出来ます

これは修理中の様子です

ボロボロになったあおりを剥がして今から取り付ける所です

この場所は負荷はかかりませんが荷物を荷台の中に納める大事な場所です

傷つけたりせずに運搬するには重要な役目を果たしています

これが交換し終えて塗装までした状態です

材質も通常のコンパネやベニヤではなく「アピトン合板」です

耐水性や強度は段違いです

4トン以下のトラックにはあおりだけでなく床もこのアピトン合板が貼られているものが多いと思います

生まれ変わった荷台でまた安全・安心な運搬をおこなって頂ければと思います

※あおり用アピトン合板について https://apitong.net/

Share this...

投稿者: apitongadmin@

塚田木材株式会社のアピトン担当者です 毎日のアピトン業務について出来上がった製品や使用して頂いた製品について書いていきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。