昔の主流「アイジャクリフローリング」

ちょっと変わったトラックフローリングです

形状・サイズともオーダーされた通りに仕上げています

これは昔ながらの形状で「アイジャクリ」という形状です

現在はこの「ホンザネ」が主流ですが、昔はアイジャクリが主流だったんです

今回久しぶりにアイジャクリのオーダーでしたので、特注対応です

厚さ・幅とも指定があったので、修理するトラックの荷台の寸法に合わせたサイズになっていると思います

これを取り付けるだけで現場調整なしで完成するのでしょう

こういった特殊形状にも対応するべく幅広の乾燥したアピトン材を保管しています

今回もこの材料を取り出して製材→アイジャクリ加工をして製作しています

お客さんの要望は様々なのでどの声にも対処するべくいろんなアピトン材を準備しておきます

※アイジャクリのアピトンフローリングについて https://apitong.net/

Share this...

投稿者: apitongadmin@

塚田木材株式会社のアピトン担当者です 毎日のアピトン業務について出来上がった製品や使用して頂いた製品について書いていきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。