超巨大 振動テーブルの土台角(アピトン製)

こちらは東北地方で振動台として使用する巨大土台角です

サイズは300×300mmで長さは5100mmオーバーです

さらに寸法精度を出すために表面をプレーナー加工をしています

この角材を並べて振動台にする為、高さを統一させる必要があります

その為のプレーナー加工です

長さも最長5100mmオーバーから短いのでも2800mmです

超重量物を乗せることから「アピトン」という超硬質木材で製作しました

アピトンは重機運送車やトラックに使用されている高耐久性木材で、コイル台や重量物の下に敷く緩衝材でよく使用されています

丸太が日本に入っていることから指定サイズに製材が出来るので、強度・サイズの自由さからアピトンが指名されました

とはいえこのサイズでこの長さを製作したのは初めてでした

この本数になるのでチャーター便で今から出発です

かなり大変な製作でしたが完成して積込まで終えれたので安心しました

それでは行ってらっしゃーい

※アピトンの土台角について https://apitong.net/

Share this...

投稿者: apitongadmin@

塚田木材株式会社のアピトン担当者です 毎日のアピトン業務について出来上がった製品や使用して頂いた製品について書いていきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。